資格を取得したい方へ Acquisition of a qualification

介護職員初任者研修について

プロのヘルパーを目指すには、介護職員初任者研修を習得していなければなりません。

25年4月より「介護職員初任者研修」が新設

高齢者が進む中、介護へのニーズは多様化、高度化が求められています。
そこで、今後は介護業界のキャリアパスを現在よりもわかりやすく、介護の仕事で生涯働き続けることができる見通しを持てるようにするため、制度が変更されました。
今までは、「介護福祉士」を目指す場合、最初に取得した資格とは関係なく、様々な取得経路があったため、学習範囲が重複するなど複雑になっていました。今後は、新設された「介護職員初任者研修」からスタートし、「実務者研修」「介護福祉士」そして「認定介護福祉士(仮称)」というようにステップアップがわかりやすくなりました。段階的にスキルアップする事で、自分が目標とする資格を目指す事が出来ます。

急速に進む高齢社会…これからの時代を担う職業です。

介護保険法で定められた内容でケアマネジャーが「ケアプラン」を作成します。 それに基づき要介護認定を受けた在宅の高齢者や障害者を訪問し、 調理、掃除などの家事や身体介護など生活全般のサービスを提供するホームヘルパーの基礎的資格です。

国が定めた介護職員初任者研修130時間を修了し、修了試験に合格すれば取得できる資格です。

資格を取得するまでの受講期間は平均3ヶ月~4ヶ月程度。 ハクビの短期集中コースでは、1ヶ月程度で取得出来る講座もございます。ヘルパー2級の資格を取得し、その後施設などでの実務を3年以上経験を積み、実務者研修(450時間)を修了すると、介護福祉士の受験資格が得られ、国家試験に合格すると介護福祉士になれます。

介護福祉士へのステップアップのために

介護職員はその地位向上、レベルアップのために、将来的に介護福祉士の資格を取得することが基本要件になるといわれています。

移行期間中は「介護職員実務者研修」という450時間におよぶ研修を受ける必要があるそうですが、介護職員初任者研修資格をもっていると、この研修のうち130時間が免除されます。

介護職員初任者研修の主な仕事内容

「身体介護」食事、排泄、入浴などの援助・介助
「生活援助」食事の支度、衣類の洗濯、掃除、整理整頓など
「相談・助言」生活、介護、身の上など

介護職員初任者研修の主な就職先

  • 福祉施設(介護老人保健施設や特別養護老人ホーム等の介護スタッフ)、病院・医院:医療機関の院内看護助手として、在宅介護事業所、登録ヘルパー 、ボランティア団体など。
  • 「24時間巡回型」施設
    1軒あたり約30分程度で利用者宅を訪問し、おむつ交換や安否確認など最小限のサービスを行う
  • 「滞在型」施設
    1軒の利用者宅に1~3時間程滞在して、食事の支度や掃除などの日常生活における全般的なサービスを行う

介護職員初任者研修の雇用形態

福祉施設(老人保健施設や養護老人ホーム等の介護スタッフ)として

1.非常勤と呼ばれるパートやアルバイト
(ホームヘルパーの派遣事業所などに登録して仕事を紹介してもらう登録制のヘルパー) 給与は資格、経験などによって幅があります。
2.常勤と呼ばれる正社員など
フルタイムでの就業が基本となります。 ヘルパーの派遣先やスケジュール管理を行うコーディネート業務や、「24時間巡回型」のお仕事が中心となります。給料は雇用形態にもよります。

「介護職員初任者研修」を修了すれば日本のどこでも歓迎されます。

最短1ヶ月で取得できるのはハクビだから!

介護職員初任者研修は介護実務を行う上でスタートとなる必須資格です。
日本中どこに行っても歓迎される資格を約1ヶ月で取得できます。

ページの先頭へ